コーヒーミル(グラインダー)
60mm専用カフェポッド
ポッド式コーヒーメーカー
紅茶・フレーバーティー
ティーバッグ
送料無料・324円均一商品
ファックス用紙
ショッピングガイド
【2017】【エスプレッソ専用珈琲豆】エスプレッソリッチブレンド 200g
芳醇でパンチがありカプチーノにしてもしっかりしたボディが残るおすすめのブレンドです。しっかりと中煎りにした個性的な豆をブレンドしました。業務用としてもおすすめです。
オーソドックスなブレンドですので苦みと甘味が絶妙です。

■コーヒー豆の挽き方については、こちら をご覧下さい。

■グラインド(挽き具合)について
抽出する器具により、コーヒー豆の粒子の大きさを変える必要があります。ご使用になる抽出方法をお確かめのうえ、挽き方をお選び下さい。

■エスプレッソの誤った認識
エスプレッソと聞いてイメージすること
・苦い
・濃い
・カフェインが多そう
・コーヒーの量が少ない
・値段が高い
etc・・・

日本では、本物のエスプレッソを提供する飲食店が少ない状況。
マシンを操る技術、コーヒー豆の知識が未熟なために、にがいエスプレッソになってしまうことが多いようです。
濃いコーヒーはカフェインも多いというイメージも、誤解されているひとつ。

エスプレッソ用のコーヒー豆は、ゆっくりと深く焙煎していますので、カフェインは抜けるのです。

また、時間をかけて淹れるほどカフェインが出るため、瞬時に旨みだけを抽出するエスプレッソは、ドリップ式のコーヒーより、ずっと少ないことが分かります。

■25cc
エスプレッソの本場、イタリア国内では、地域により特色があるようです。
抽出量でみてみると、北部では約30cc、中央部では約25cc、南部では20ccとなり、南に行けばいくほど、分量が少なくなり、濃厚なエスプレッソが好まれます。地域により水質も変わり、北方は軟質ですが、南方では硬質でミネラルが多いので、より強い味わいになります。25ccを基準として、自分好みにあったコーヒー豆を探してみるのも、楽しみ方のひとつですね。

■エスプレッソを注いだ際、対流してクレマを出来やすくするために、エスプレッソ用カップは、すり鉢状となっています。
また、クレマを保つために上部にいくほど狭くなり、飲み口の直径は5〜6cm。広がりすぎたり、狭すぎても、香りが飛んでいったり、アロマが立ち昇らなくなります。
口元へカップを運ぶと、カップの中で層を作ったアロマが、ちょうど鼻のあたりに立ち昇るような、計算された仕組みになっています。

■カワンルマーのこだわり
カワンルマーでは3つのこだわり(生豆・焙煎・ブレンド)をもって、美味しいコーヒーを作り上げています。一粒一粒丁寧にハンドピックし、当社独自のローストにより豆の芯からじっくり煎り上げた、風味豊かな手作りコーヒーです。
◇生豆(straight beans)
カワンルマーでは、世界各国の農園より、現在入手できる最良の生豆を、農園指定又はブランド指定で輸入しています。ただ、いくら良質の珈琲豆でも、農作物である以上、異物や不良豆が混入しているのも事実で、そのままロースト(焙煎)すると、味がそこなわれてしまうばかりか、不快な雑味、苦味を伴います。そのため、カワンルマーでは、お客様に美味しいコーヒーを飲んで頂くために、創業以来、生豆を煎る前に、手選別(ハンドピック)をすることで、異物・不良豆・不純物を取り除いています。

◇焙煎(roast)
オーケストラ指揮者の巨匠と呼ばれる「マエストロ」と言われるには、20年以上の修行、経験が必要です。焙煎には、陶芸と似たところがあり、長年の歳月により、失敗から多くのことを学び、成長し、独自のものを創造しなければなりません。生豆の大きさ、厚み、硬さ、水分の含み具合を見定め、心に秒針を刻みながら温度計に気を配ること。五感に神経を集中させながら、素材のもつ最高の味、香りを引き出してあげること。カワンルマーでは、焙煎による技術、機器を追究し続けています。

◇ブレンド(blend)
かつて、お米の分野では、新潟県魚沼産コシヒカリのように、単品種の銘柄がほとんどでしたが、最近では、産地別で収穫される、お米の良さ・特長を引き出すために、お米同士を混ぜ合わせるブレンド米が見受けられるようになりました。コーヒーも同じように、産地・農園指定などのブランド銘柄があり、各地域の特長を持ち合わせています。カワンルマーでは、産地別で味わって頂きたい高品質な珈琲豆を数多く取り揃えていますが、コーヒーの旨み、コク、香りを引き出すために、ブレンドにもチカラを注いでいます。2種配合・3種配合・4種配合・甘苦さ・甘酸っぱさ・コク・香りなど様々な要素を組み合わせ、コーヒーをさらに美味しく召し上がって頂けるように、ひとつの味・香りを創り出しています。

【お問い合わせ】
下記までお気軽にお問い合わせ下さい。
軽井沢珈琲倶楽部 カワンルマー(かるいざわこーひーくらぶ かわんるまー)
E-mail info@kawanrumor.com
電話 0267-46-2070
ファックス 0267-45-1051
※電話受付時間 10時〜18時(定休日を除く) 電話・FAXでのご注文も承ります。
※E-mail、ファックスは24時間受け付けております。
■定休日 土・日・祭日
■実店舗 〒389-0115 長野県北佐久郡軽井沢町追分1541−55
■交通 長野新幹線 軽井沢駅下車 車で20分、
上越自動車道、碓氷・軽井沢I.Cより30分、
上越自動車道、佐久I.Cより15分

【ご注文の際、必ずお読みください!】
■送料については、こちら をご覧下さい。
■お支払い方法につきましては、こちら をご覧下さい。
■ギフト商品、ご贈答商品の、熨斗(のし)、表書き、名入れは無料にてを行っております。お気軽にお申し出下さい。表書き、のし(熨斗)の詳細については、こちら をご覧下さい。
■産地、天候状況、先様のご不在などにより、商品のお届けが遅れる場合がございます。
■配達日のご指定は、原則的に行っておりません。
■品切れの際や年末年始をはさむ場合、お届けに2週間前後かかる場合もございます。予めご了承ください。
■商品は十分にご用意しておりますが、万一品切れの場合にはご容赦ください。またやむを得ない事情により変更になる場合がございます。
■消費税は表示価格に含まれています。

・ 販売価格

1,274円(本体1,180円、税94円)

・ 購入数
パック
・ コーヒー豆は挽きますか?

ショッピングカートを見る
商品検索

「珈琲焙煎の書」(単行本書籍)発売のお知らせ

「珈琲焙煎の書」カワンルマーコーヒーでお求めの方はこちらをクリック
「珈琲焙煎の書」 アマゾンでお求めの方はこちらをクリック
「珈琲焙煎の書」 紀伊國屋書店でお求めの方はこちらをクリック
「珈琲焙煎の書」 e−honでお求めの方はこちらをクリック
「珈琲焙煎の書」 ホンヤクラブ(honyaclub)でお求めの方はこちらをクリック
「珈琲焙煎の書」 楽天でお求めの方はこちらをクリック
「珈琲焙煎の書」 ヨドバシドットコムでお求めの方はこちらをクリック
「珈琲焙煎の書」 HMVでお求めの方はこちらをクリック
「珈琲焙煎の書」 TSUTAYA(ツタヤ)でお求めの方はこちらをクリック
「珈琲焙煎の書」 honto.jp(honto.jp)でお求めの方はこちらをクリック

電子書籍版発売のお知らせ

究極の自家焙煎術 Google Play の書籍でお求めの方はこちらをクリック
究極の自家焙煎術 アマゾンのキンドル版でお求めの方はこちらをクリック
究極の自家焙煎術 楽天Kobo電子書籍版でお求めの方はこちらをクリック
究極の自家焙煎術 セブンebooks電子書籍版でお求めの方はこちらをクリック
究極の自家焙煎術 グーグルでお求めの方はこちらをクリック
究極の自家焙煎術 電子書籍販売サイトshinanobook.com(シナノブック・ドットコム)でお求めの方はこちらをクリック

GRN熱風式焙煎機ガイド
インフォメーション
カワンルマーコーヒー 動画で見る美味しいコーヒーの淹れ方(ペーパードリップ編)
コーヒーの淹れ方(ペーパードリップ)を大きいサイズの動画でご覧になりたい方はこちらをクリック
携帯(モバイル)サイト

出版本のご案内

究極の自家焙煎術 amazonでお求めの方はこちらをクリック
究極の自家焙煎術 当店でお求めの方はこちらをクリック



軽井沢情報

rss atom